diary:2014/6/10tu

投稿日: カテゴリー: diary
最寄りの某駅は改札が二階にあり、地上階には階段かエレベ
ーターで降りる仕組みになっている。
僕は基本階段を使う。
エレベーターを待つ間に階段なら下に着いてしまうからだ。

いつもは階段派の僕だが、その日はたまたまエレベーターの
扉が開いていて、すっと吸い込まれるようにエレベーターに
乗り込んだ。
中には女性が乗っていた。
そのエレベーターは両扉式で、女性は背を向けて僕の前に立
っていた。ほんの数秒でエレベーターは地上に降り立ち、
扉が開いたその時。

「うわっ!やってもうた…」

女性が叫んだ。
僕はその唐突な関西弁に一瞬ギクリとしたがすぐにその意味
を察した。
扉の向こうは雨だった。
彼女は傘を電車に忘れて来たのだ。
エレベーターから出るに出られず呆然と立ち尽くす彼女の横を
すり抜け僕はビニール傘を開きそっと振り返った。
扉が閉まる瞬間やはり反対側を向いた背中がちらりと見えた。
エレベーターは今来た道を静かに昇って行った。

(やってもうた…)

こんな時の泣き笑い的な関西弁て完璧だなと思った。
枝雀師匠の落語みたいだ。
傘、見つかるといいすね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA