diay:20131031th

投稿日: カテゴリー: diary
2013年10月31日(木)
手つかずの海沿いの集落。
うっそうと茂るセイタカアワダチソウ。
彼らがどんなに高くどんなに広くその地を埋め尽くそうとしても、
悲しみの痕跡を覆い隠す事はできない。

南相馬で歌った帰りに小高地区の村上海岸に立ち寄りました。
その荒涼とした風景を前にして何をどうすればよいかなどという
未来を語る言葉は僕には何一つ見つける事はできませんでした。
もうだいぶ前に警戒区域解除とされている地区にも関わらず、
人の気配はほとんどありません。
見捨てられた場所には外の声など届きようがありません。
どちらの側であれ復興を唱える人たちはいったいここで何をしろ
と言っているのだろう、この草に埋もれた広大な土地をどうしろ
と言うのだろう。
正直僕にはこの風景を前にビジョンを語れるほどの頭を持ち合わ
せてはいません。恥ずかしながらただ呆然とするだけです。

 facebook:honna kazutoより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA