diary

diary:2013/6/4tu

あの、これ僕の母校です…。ていうか全国版だし…。
で、このニュース見て走馬灯のようにある出来事が思い出されました。
当時僕はブラスバンドでトロンボーンを吹いていたのですが、
天気の良い日はよく屋外で練習をしていました。
ある穏やかな夏の日の午後、金管楽器の仲間といつものように外で練習
をしていた時の事です。一列に並んでロングトーンをしている目の前を
一匹の豚がもの凄い勢いで駆け抜けて行きました。
あんなに驚いた事はありません。夢かと思いました。
あまりの突然の出来事にポカンとしていると「待で待で待で~!」と今度は
赤ら顔の用務員のおじさんが絶叫しながら目の前を走り抜けて行きました。
近所の農家の豚小屋から逃げ出して来た豚だったのですが、
それにしても豚が入り込む学校って…隙があるにも程があります。
そして、その伝統は今もこうして引き継がれているわけです。
豚と用務員さんと私。
駆け抜けたあの一瞬の夏を懐かしく思い出す初夏の夜です。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130603-00000269-fnn-soci 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA